トップページ
ごあいさつ
館内ご案内
PET/CT検査とは
検査の流れ
PET/CT検査 Q&A
当センターにおけるがん発見率
周辺案内
リンク
個人情報保護の方針
症例集
お問合わせのメールはこちらへどうぞ
 PET検査では微量の放射能を含んだ薬剤を注射し、全身への分布状況を撮影します。がん病変が局部に留まっていれば、手術や放射線治療などの局所治療を行い、がんが転移していれば、抗がん剤など全身に効果の期待できる治療を行うのが標準的です。
 PET検査にて全身へのがん病変の広がり具合を確認し、個々の患者に応じた適切な治療方針確立に役立てます。
 さらに、PET検査はがん治療後の再発診断にも威力を発揮します。
 従来の人間ドックやがん検診メニューにPET検査を加える事により、より精度の高いがん検診となり、早期発見にも役立ちます。
 当施設では、様々なPET検査薬を自家製造する設備も整っており、今後、認知症の早期診断、心臓病の検査などにも対応できるよう考えております。
 PET検査専門に行う施設として、先端技術の習得、最小限の苦痛(注射)で最大限の情報が得られるPET検査の実践に努めます。

とやまPET画像診断センター
センター長 宮内 勉